お葬式の基本的な考え方

お葬式を喪主として出す場合、最初に向き合う事柄がお葬式を出すのかどうかということです。お葬式の規模はさまざまなものがありますが、今は儀式をせずにシンプルに行いたいと考える方もいるため、喪主がこれを決定することになります。故人からの強い要望や遺言などがあればそれに従うこともあるのですが、そのようなものがなければ喪主が考えて決断することになります。

そして、お葬式に関して考える上できちんと確認しておかなければならないことに、日本で亡くなった人は基本的に火葬しなければならないということがあります。昔は土葬であっても受け入れてくれる墓地や自治体も多かったのですが、今は違います。亡くなった人は火葬するのが基本的な流れとなっており、お葬式を行うかどうかとは別に、必ず火葬場にはいかなければならないのです。また、そうなると骨壺を用意しなければなりませんし、火葬場まで霊きゅう車や寝台車を用意する必要もあります。

お葬式を出さないなら葬儀業者に依頼せずに自分で対応したほうがコストも安く済むと考えている人もいますが、実際には葬儀業者に依頼したほうがさまざまな手続きや必要なものも用意してもらえるため、結果的にスムーズに執り行うことができます。そのため、お葬式を出さないから葬儀業者を頼らないということではなく、人が亡くなった以上は葬儀業者のお世話になったほうが合理的です。また、お葬式を出す際にも会場や祭壇などの問題がありますし、それ以外にもさまざまな準備が必要となるため、業者のサポートは欠かすことができません。

いずれにしても大切な近親者が亡くなった場合は悲しみに暮れてしまうことが多いでしょうから、そのような状況の中でひとつの行事を自分たちだけで執り行うのは難しいものがあります。葬儀業者に依頼して、その都度しっかりとサポートしてもらえる体制を整えておくことが重要でしょう。お葬式の進行から必要になる備品すべての準備、さらには弔問客への対応などもサポートしてくれます。また、死亡届を代わりに提出してくれるなど細かいサービスもありますので、いずれにしても頼りになる存在といえます。