お葬式に不正解はないが気持ちが重要

お葬式を出す側になった際、覚えておきたい事柄のひとつがお葬式に不正解はないということです。お葬式をあげないから正しくない、お葬式をあげるから正しいということはありませんし、決まった祭壇を使用するお葬式が正しいということもないのです。絶対的なルールがあるわけではありませんから、要は送り出す側の気持ちの問題なのです。自分が故人に対して最後にしてあげられることでもあるので、そこでどう気持ちを届けるのかが重要なのです。さらに故人の生前を思い出し、故人の性格であったらどのようにしてほしいのかを考えてあげることも重要です。

そのような気持ちをもってお葬式と向き合えば、それが正解と言えるのではないでしょうか。考え抜いた末にシンプルなお葬式で済ませてあげたいと思えばそれは当人にとって正解ですから、世間や他人の考え方は人それぞれあり、必ずしも世間の正解と同じでないといけないということはないのです。実際、お葬式にはさまざまなかたちがあり、地域によっては風習なども異なりますので、確実な正解は存在しないといえるでしょう。しかしながら、正解がない物事だからこそ、考えれば考えるほど難しく感じてしまうのかもしれません。そのような場合に頼りになるのが葬儀業者です。

どんなシンプルなお葬式であっても葬儀業者は不可欠ですし、仮に火葬を行うだけでも葬儀業者は頼りになる存在です。お葬式のスペシャリストである葬儀業者だからこそ、お葬式に関してなんでも相談することができるのです。大々的なお葬式はもちろん、家族のみで行うお葬式などシンプルなものまで幅拾いジャンルのお葬式に対応してくれる業者がたくさんありますので、そうした業者に依頼することも前向きに考えてみましょう。

頼れる部分をすべてプロに頼ることによって、自分自身はバタバタせずに済み、故人との最後のお別れの時間を落ち着いた時の流れの中で過ごすことができます。その瞬間はもう二度とやってこないわけですから、どのように最後の時間を過ごしたいのかしっかりと考えておきましょう。